プレゼントを受け取るメールアドレスを入力してください。

メールアドレス




Amazonセラーセントラルのカート獲得率を一発検証

Amazonの転売で売れ行きに直接関わるのがカートを取れるかどうかです。

カートを取るとはAmazonの商品ページのトップに掲載されている状態のことです。この状態で購入者がショッピングカートのボタンを押すと掲載されている人の商品が売れます。

つまりAmazonで一番売れる状態になっているということです。

2016071902

 

Amazonで転売をやる以上このカート獲得率がどうなっているのか把握しておく必要があります。Amazonのセラーセントラルでカート獲得率を確認して分析する方法をお伝えします。

下記の手順に沿って確認してください。

動画でご覧になりたい場合はこちら

 

カート獲得とは

Amazonではショッピングカートを獲得することで商品が一番売れやすくなります。Amazonで販売する出品者は少しでもカートを取って売上を伸ばそうと考えます。Amazonnが公表しているショッピングカートボックス獲得資格の要件はつぎのとおりです。

ショッピングカートボックス獲得資格の要件
Amazon.co.jpサイトの顧客満足度向上のため、出品者がショッピングカートボックス獲得資格を得るには所定の要件を満たしている必要があります。

 

・注文不良率:注文不良率は、購入者からの評価、Amazonマーケットプレイス保証やチャージバックの申請率の割合を元に算出されます。
・その他の出品者のパフォーマンスの指標
・配送スピード、配送方法、価格、FBAの利用によるものも含む年中無休のカスタマーサービスなどを通じて、商品と共に購入者に提供されるショッピング体験全般。
・Amazon.co.jpで出品している期間と取引の数
・出品形態が「大口出品」であるかどうか

内容を見る限り、ビジネスをやっていく上で当然のことが書かれています。購入者つまりお客様を大事にすることが何より重要です。

最後の出品形態が「大口出品」であるかどうかはFBA出品者かどうかということで、自己発送者よりFBA出品者の方がカートが取りやすいということです。

Amazonでの転売はFBAで行ってください。売れ行きが全然違ってきます。

獲得率の確認方法

セラーセントラル画面からレポートタブからビジネスレポートを選択します。

2016071801 (2)

2016071802

ビジネスレポートの画面左側、(親)商品別詳細ページ売上トラフィックをクリック。
画面右側にカートボックス獲得率が表示されます。

2016071803

 

何も指定しなければ、過去一ヶ月分が表示されます。画面右上の開始日と終了日で期間を指定することもできます。この状態でも見れますがエクセルなどにダンロードするとデータの加工がしやすくなるのでおススメです。

ソート機能などを使ってカスタマイズして使うと管理しやすくなります。また、データを保存して今後の売上に役立てていきます。

2016071804

この表にあるセッションとページビューについて解説します。

セッション

商品ページにきた閲覧者数のことです。同じ人が24時間以内に来た場合は1回と数えます。

ページビュー

商品ページの閲覧回数で同じ人が人が2回見ても2回と数えます。

獲得率分析

さて次にカート獲得率を参考に分析していきます。基本的な考え方として、FBAの最安値出品者が5名で自分も最安値で出品していればカート獲得率は20%ぐらいになるはずです。もし、なっていなければなにか原因があるはずです。

このようにカート獲得率を見ながら分析していきます。商品が思うように売れない原因としては次のことが考えられます。

Amazonが出品している

Amazonが出品していると最安値で出品しても売れないことがあります。カートを取るのが難しくなります。Amazonが出品しているため、最安値で出品しているのにカート獲得率が長期間0%の時はAmazonのヘルプデスクに相談する手もあります。

これで意外にカートが取れるようになったりします。何もしないよりは行動したほうがお得です。ただし、間違っても横柄な態度は取らないでください。相手も人間、パソコンの向こうにいるのは感情を持った人です。

丁重に丁重に
カートを取らせないと悪いなと思わせるようにするのがコツです。

他のFBA出品者がポイントをつけている。

ライバルのFBA出品者がポイントをつけていると、実質的な最安値がポイントを割り引いた金額になります。

商品ページに入って、ライバルの価格とポイントを調べてください。価格を高く設定してポイントを大幅に付けている出品者もいます。

たとえばFBA最安値1,000円のときに、ある出品者は2,000円で出品。しかし、ポイントを1,100ポイント付与すると実質900円で出品していることになります。

Amazon商品ページで出品者の一覧を見れますがこのような場合、ポイントをつけた出品者は1ページ目に表示されず2ページ目にいることもあります。

ライバルがいくらポイントをつけているかしっかりチェックしてください。

自己発送者がカートをとっている。

同じ値段で出品すればAmazon⇒FBA⇒自己発送者の順番で商品が売れます。しかし価格差があった場合は、このとおり商品が売れないことがあります。

たとえば
FBA1,000円 自己発送者700円

このケースではどちらがカートを取るか分かりません。出品商品によります。実際にFBAで出品してカートが取れないようなら、少しずつ価格を下げて様子を見てください。

DVDなどはかなり価格差があってもFBAがカートをとっているようですがパソコンの付属機器などは、価格差が大きいとカートが取れないです。
商品によってばらつきがあるので、やりながら試すしかないでしょう。

評価が低い

Amazonからの評価が低いとカートを取れません。ここで言う評価はAmazon商品のページに記載されている出品者の評価のことではありません。Amazonの出品者のページを見ると「☆☆☆☆☆過去 12 か月で100%の高い評価(○○件の評価)」のような記載があります。

これは外部評価です。しかしカートを取るのはAmazonの内部評価です。外部評価が100%でも内部評価が低ければカートは取れません。冒頭に記載したビジネスの基本のところです。

お客さんからの返品が少ないとか。自己発送したときは発送が早いとか。お客さんからのメッセージにすぐ回答するとか

外部評価には現れませんが、Amazonの内部評価に記録されています。ビジネスの基本通りお客さんを大事にしていけば、内部評価は自然と上がってきます。

セッション数が少ない

そもそも見に来るお客さんが少なければ商品は売れません。カート獲得率が高いのに商品が売れなければ、もともと売れない商品を買っている可能性があります。

出品価格が高い

セッション数が多くてカートも取れているのに売れないときは、出品価格が高すぎる可能性があります。徐々に価格を下げて様子を見てください。

カート獲得率が0%のときも出品価格を確認してください。

まとめ

カート獲得率を把握して、現状を分析する。そして売上につなげていく。

これが重要です。カート獲得率はAmazonで転売するうえで最も重要な指標のひとつです。分析方法を見につけてぜひ活用してください。

 

関連記事

3ヶ月で結果を出す!副業サラリーマンの電脳せどり攻略法

このブログのランキングは今何位?

ttt

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)