プレゼントを受け取るメールアドレスを入力してください。

メールアドレス




Amazonで家電製品に出品制限

Amazonのセラーセントラルで家電製品に出品許可が必要になりました。

いくつかのメーカーの商品に対し、事前に出品申請をしないと今後はAmazonで販売できなくなります。

まだ詳細は固まっていないようです。

この記事ではAmazonの家電製品の出品規制について解説します。

下記のとおり読み進めてください。

通知メール

昨日、Amazonから連絡がありました。

電化製品に出品制限をかけるようです。

突然メールが送られてきました。



こんなタイトルのメールが届きました。

なんのこっちゃ、と思って、開いてみると

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出品者様

このEメールは、重要なお知らせとなりますので内容をよくご確認ください。下記に記載したAmazonで出品する一部の商品について、出品許可が必要になる場合があります。

Amazonでは、購入者様に安心して商品をご購入いただくための継続的な取り組みの一環として、カテゴリーの〇〇の商品に対し、出品許可の申請を適用することになりました。

Amazonに対象商品を出品する場合は、事前の許可が必要です。この制限はすでに適用され、対象商品の出品情報は削除されております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日のレゴといいい 「またかあ」と言った感じです。

レゴ、バッテリー、ドローンに 一時出品制限が発生し 今は解除されましたが、 近々事前申請しないと出品できなくなります。

そして今度は家電です。

出品許可の範囲

どのメーカーが制限されるのかは、まだ決まっていないようです。

検討中のメーカーは 19社

おそらく減ることはないと思いますので、今後は拡大していくでしょう。全メーカーが対象になるかもしれませんね。

内容についてAmazonのヘルプデスクに 問い合わせましたが、 回答がしどろもどろで さっぱり要領を得ませんでした。

Amazon内部でも まだ情報がきちんと 伝わっていないようです。

対応した人によって回答が異なるので、もう少し様子を見た方がいいでしょう。

メールには 「180日以内に30点仕入れた請求書3通か、 ブランドの所有者が発行した認可証が必要 」

と書いてあったので この請求書が メーカーのものか、問屋のものか、小売りのものか 教えてほしいと聞きましたが不明でした。

ヘルプのお嬢さんはご存じなかったようで 折り返しますと言ったきり何も連絡がありません。

少し混乱している感じでした。 通知メールは全部の出品者には出していないようです。

私もAmazonのアカウントを3つ持っていますが、全部には来ていません。

おそらく全部に一度に出すと、問い合わせが殺到しAmazonで対応できなくなるので、少しづつ連絡しているものと思われます。

昨日連絡した時もすでにかなり混乱しているようでした。

商品登録

では、具体的にどのように規制がかかったか言うと、セラーセントラルの商品登録画面で実際に商品登録をして見ました。



中古の出品は可能ですが、新品は別になっています。



メーカーの許可証はまず入手できないので、上段の請求書になるでしょうが、ここをクリックするとさらに詳細が表示されます。



商品は30点以上かつ5種類以上

結構な数を買わないと請求書を用意できませんね。

ビックチャンス到来

今回のこの規制をピンチととらえるか

チャンスととらえるかは人それぞれですが私は絶好のチャンスと考えます。

これで弱小せどらーは消えていくでしょう。

実際に今でもカテゴリー申請でドラックストアや食品が通せないと言っているせどらーがいるぐらいですから我々はがっつり稼いでやりましょう。


ブログでは紹介していない仕入れの秘密情報などもメルマガでこっそり配信しています。

回転率のいい商品や生産完了品などさまざまです。

せどりを初めて最初はなかなか商品が見つけられないということがあると思います。ぜひご活用ください。

欲しいという場合はメルマガにご登録をお願いします。

このブログのランキングは今何位?

ttt

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)