プレゼントを受け取るメールアドレスを入力してください。

メールアドレス




Amazonの転売でカート獲得率を確実に上げる方法

Amazonの転売をする時に商品表示ページでカートを取れるかどうかは売り上げに直接影響してきます。出品者は少しでもカートを取れるようにしたいと思っています。

勘違いをして価格下げる事ばかり考えている出品者が多いようです。このため商品の販売価格が下がり結果的に利益が出なくなっています。

この記事ではカートを取るために出品価格以外に注意する点を解説しています。

(動画でご覧になりたい場合はこちら。)
↓↓

 
shopping-cart-78019_640

 

はじめに

Amazonに商品を出品して販売する以上ビジネスですから何よりもお客者からの信頼が重要です。

商品を出品したらそれで終わりではありません。どうやって高いサービスを提供するか。

お客様に喜んでもらえるかが重要になってきます。Amazonも出品者が顧客対応を怠っていないか監視しています。

出品価格を下げればカートが取れるというものではありません。

お客様の信頼

正確な配送

配送は正確に行わないといけません。特に自己発送の場合は注意が必要です。

間違えた商品を送ると、クレームになりかねません。間違えやすいのは数量です。2品注文しているのに1品しか送らなかった。

これでは評価をマイナスでつけられる場合があります。発送相違には十分気をつけてください。

hikkoshi_nidukuri

ちなみにFBAを利用した場合であっても、納品時に管理シールを間違えて貼ったりしていると番う商品がお客様に配送されてしまうことがあります。

Amazonへの出荷時のチェックを万全にしましょう。

配送速度

配送が遅れるとお客様からマイナスの評価をもらうことがあります。またAmazonも配送時間を監視しています。

FBAは問題ありませんが、自己発送の場合は発送後すぐに出荷通知を送信してください。

出荷通知だけ先に押して、発送を後にすることもできなくはないですが、万一出荷を失念するとAmazonからアカウントを停止されかねません。

「出荷通知をして出荷しなかった。」お客様を騙したことになるからです。

出荷のパフォーマンスは顧客満足度指数のページで確認できます。

セラーセントラル画面のパフォーマンス

スクリーンショット 2016-08-30 03.59.16

カーソルを合わせるとプルダウンメニューが表示されるので顧客満足指数を選択します。

スクリーンショット 2016-08-30 04.04.14

出荷遅延率をクリックすると現在のパフォーマンスを確認できます。出荷前キャンセル率2.5%以下、出荷遅延率4%以下を維持するようにしましょう。

コミュニケーション

販売後の返金、返品、交換対応など、丁寧に行ってください。これも一般のビジネスと何ら変わりありません。

お客様からの問い合わせやメッセージの回答時間はAmazonに計測されています。目標は「24時間以内の回答」> 90%となっていますので、セラーセントラル画面でこまめにチェックしてください。

メッセージの内容によってはすぐに対応できないケースもあります。そんな時はまずメッセージで「調査して折り返します。もう少々お待ちください。」と先に
返信のメッセージを送ってください。

それから必要な対応をして、完了後にお客様に再度「お待たせしました。」とメッセージすれば問題ないです。

また、お客様のメッセージの中には返信が必要ないケースもあります。

「お客様」お問い合わせのメッセージ→「出品者」対応通知→「お客様」お礼のメッセージ。

thank-you-515514_640

 

このようにお客様からのメッセージで終わる場合は、そのまま放置すると未回答として扱われます。

必ず出品者のメッセージで終わらせるか、メッセージの下段にある「返信不要としてマーク」にチェックを入れて送信してください。

まとめ

パフォーマンスを常に高い状態に保つことが、カートボックス獲得につながります。結局はビジネスの基本どおりお客様に高いサービスを提供することでカートの獲得率が上がってきます。

パフォーマンスが低いと出品価格を下げるしかカートを取る方法がなくなってしまいます。パフォーマンスを高く維持してしっかりカートを取っていきましょう。

このブログのランキングは今何位?

ttt

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)