プレゼントを受け取るメールアドレスを入力してください。

メールアドレス




Amazonマーケットプレイスは大口出品で攻略せよ!!

Amazonの出品形態には大口出品と小口出品の2種類があります。Amazonで転売するなら大口出品がはるかに有利です。もし今、小口出品しているなら大口に変更したほうがいいでしょう。

この記事では大口出品と小口出品の比較をしてみました。違いはいくつがありますが、重要なものだけをピックアップしています。

Fotolia_90149011_XS

 
動画でご覧になりたい場合はこちら。

 

出品形態

Amazonの出品形態には大口出品と小口出品の2つがあります。転売のスタート時にはあまり手元資金の少ない人が多いので迷うところですが大口出品をオススメします。

理由は以下のとおりです。

利用料金

一番気になる料金ですが、次のとおりです。

大口出品者

月額登録料4,900円の費用が発生する。

スクリーンショット 2016-07-30 10.00.58

 

小口出品者

商品が1つ売れるたびに基本制約料金の100円が発生する。

スクリーンショット 2016-07-30 10.01.06
大口も小口も販売手数料は同じです。

この料金を比較すればわかるとおり大口は4900円の登録料が発生しますが、小口は100円の成約料です。つまり、一ヶ月に商品を50個以上販売すれば大口出品者の方が料金的に安くなります。50個というのは、電脳せどりの世界ではかなり少ない数で、1日でも仕入れられる量です。

月額登録証が発生しないので小口出品の方が安く感じますが、実際には大口の方が安くなります。「自分は月50個も商品を仕入れられない」なんて思わないでくださいね。普通にリサーチしていれば誰でもできる数です。

カート取得

このカート取得が重要でAmazonでの売れ行きが決まります。大口はカートが取れますが、小口は取れれません、カートを取るというのはAmazonの商品画面のトップに表示されということで、一番お客さんの目にとまり、一番売れます。

スクリーンショット 2016-07-30 10.13.15

小口出品にすると、Amazonがカートを取らせてくれないので商品が売れません。大口出品を選択すべき最大の理由です。

データ分析

Amazonのセラーセントラルには「注文管理レポート」という非常に有用な機能があります。カートボックスの獲得率やお客さんのアクセス数を把握できます。このレポートはとても重要で商品が売れない原因などを分析することができます。この機能は大口出品しか利用できません。

販売促進に欠かせない機能ですから、ぜひ活用してください。この分析方法の詳細はこの記事にまとめています。
Amazonセラーセントラルのカート獲得率を一発検証

まとめ

以上見てきたとおり、大口出品にしないとAmazonを利用した転売はうまくいきません。月50個の商品が売れれば小口より安くなるのでコスト的にも有利になりますからね。手元に資金が少なくても最初から大口を利用しましょう。

このブログのランキングは今何位?

ttt

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)