プレゼントを受け取るメールアドレスを入力してください。

メールアドレス




サラリーマンが隙間時間に転売で儲ける!!電脳仕入法

今回の記事は、転売の電脳せどりで、実際にどうやって仕入れ商品を見つけるかを解説していきます。

商品登録などの細かい作業はパソコンがないと難しいですが、仕入れに関してはスマホでやるサラリーマンが増えています。

実際に、会社でトイレに行った時にちょっとスマホで仕入れたなんて、強者もいます。

a0002_008641_m

動画でご覧になりたい場合はこちら。

インターネットにつながる環境があれば、仕入れはいつでもどこでもできるということです。あとは具体的な仕入れ方ですね。

ここが電脳せどりの最大の肝になるので、しっかりと学んでください。稼げるか稼げないかはここで決まります。

今回の記事では、電脳仕入の概要を説明していきます。まず大まかな流れをしっかりと押さえてください。

 

仕入先について

電脳せどりの仕入先は大きく分けて2つです。

・ネットショップ
・ヤフオク

他にも最近だとメルカリとかのフリマも有力ですがサラリーマンが限られた時間で、あれもこれもはできないので
最初はこの2つだけ押さえてください。

この2つだけで月10万円以上は確実に稼げるようになります。ネットショップとヤフオクで仕入れをするのですが、まずそれぞれのメリットデメリットを理解しておいてください。

・ネットショップのメリット

ネットショップは基本プロが運営しています。インターネット上で物販をやっているわけですから商品も信頼できます。

素人ではないので、詐欺ショップでない限り対応もきちんとしています。また、注文してから商品到着までの時間が早いです。

もちろん遅いショップもありますが、早いショップは24時間以内に商品が到着します。

・ネットショップのデメリット

プロがやっているということはある程度、商品の相場を知っています。極端に価格差のある商品は見つけにくいです。

薄利多売になる傾向があります。また、誰でも簡単に買えるので価格競争になりやすいです。Amazonに出品する頃には値段が下がっていることもあります。
World map Vector

・ヤフオクのメリット

ヤフオクは業者も出品していますが、個人出品を対象に入札していきます。会社のイベントで景品でもらった商品とかを出品したりしているので、商品の相場と関係なく値段が極端に安いことがあります。

1円からの出品とかざらにあります。人気商品は入札で値段が上がってしまいますが、ちょっとランク外の商品は安く落札できることがあります。

・ヤフオクのデメリット

ヤフオクは以前に比べると簡単に入札や商品の購入ができるようになりましたが、出品者とのやり取りに多少の手間がかかります。

ショップのように決済ボタンをクリックして終わりという訳にはいきません。また、出品者が業者ではないので、対応が悪いことがあります。

問い合わせをしても返事がなかったり、商品の状態も説明と食い違うことがあります。

Fotolia_75822639_XS

 

ネットショップ攻略法

 

ネットショップは無数にあります。有名どころではビックカメラ、ヤマダ電機のような家電量販店や

ブックオフといった書店、トイザらスなどのおもちゃ屋など数えたらきりがありません。

こういう名前の通ったショップ以外にも聞いたこともないショップもあります。あまり知られていないため、逆に仕入れの穴場だったりすることもあるのです。

まだ誰も手をつけてないという感じですね。

これらのショップの商品を全部リサーチすると膨大な時間がかかります。なので的を絞っていきます。

リサーチを効率的にしていきます。ネットショプから仕入れるときのキモは次の2つです。

・アウトレット品
・セール品

 

アウトレット品攻略

アウトレット品ですが、ネットショップのトップページに入ってみてください。アウトレットと掲載されていることがあります。

もし表示がない場合は、ネットショップの商品検索欄にアウトレットと入力してみてください。ショップがアウトレットコーナーを設けていればヒットします。

商品の一覧が表示されたら、あとはひたすらリサーチです。商品の価格を調べ、利益が出るか調査します。

すでに、アウトレットで対象商品を絞っているのでここでヒットした商品は全件検索してください。全て調べるということです。

かなりの数になると思いますが、商品検索スキルを上げるにはある程度の作業が必要になります。

ここで手を抜くと、いつまでたっても検索スキルが上がらないので商品を見つけられるようになりません。

ひたすら、リサーチしてください。また、生産完了品となっている商品が売れらていることがあります。

この手の商品はなるべく控えておいてください。生産完了品なので、出品者が徐々に減ってきます。

そして値段も徐々に上がってきます。仮に今ショップから仕入れて利益が出なくても今後値段が上がってくる可能性があります。

ショップで利益がでなくてもヤフオクで安く買えるかもしれません。アウトレット品と言っても新品で出品できるものが多いです。

多少箱が汚れていたり、傷が付いていたりする程度です。ただ、それでも 商品の状態が予想以上に悪いことがあります。

もともとショップがアウトレット品として販売しているわけですから新品と違い、返品は難しいです。

Fotolia_91160656_XS

 

アウトレット品の注意点

・ショップの商品説明文をよく読む。

アウトレット品の状態を確認するため、説明文をよく呼んてください。箱無しと書いてあったら、購入してはダメです。

Amazonでは箱無し品は中古品扱いになります。中古で出品して利益が出るのならいいですが、新品で出品するつもりなら購入は避けてください。

また互換品にも注意が必要です。互換品は正規品ではないので、出品できません。

互換品は専用のケースに入っていなくて、説明書が付いていないことが多いです。パソコンのパーツやプリンターのトナーに多いので注意してください。

店頭展示品もアウトレットで売られていますが、一度でも通電されると中古品になります。

・高額のものは避ける。

いくらが高額は人によって違います。私は初めてのショップで1品1万円以上のアウトレット品は避けています。

過去に取引があって、商品に問題がなかったショップは1万円以上でも購入することがあります。この辺の兼ね合いは実際にショップとの取引を重ねて経験を積んでいかないと分からないと思います。

どんどん経験値を増やしていってください。

・大型品を避ける

最近Amazonの基準が厳しくなったようで、大型品で箱に傷があると商品が返品されたりします。

汚れくらいはいいのかもしれませんが、箱に穴が空いていたりすると受け取りを断わられることがあります。

返品された場合の送料は着払いで、結構な金額になります。1品1700円ぐらいすることもあるので、馬鹿にならないです。

・大量買いをしない。

大量買いをして商品の状態が悪いと、後が大変です。返品もままならず、中古品で出品して売ると利益が出ないこともあります。

ショップに在庫がたくさんある時は、まず試しに1品だけ注文して商品の状態を見て問題なければ、まとめ買いするようにしてください。

Fotolia_109470061_XS

 

セール品攻略

 

セールには決算セール、在庫処分セール、タイムセールなどがあります。楽天スーパーセールなんてものもありますよね。

セール情報を得るのに一番いいのは、各ショップのメールマガジンに登録することです。どのショップも大抵メルマガを発行しているので、事前に登録しておいてください。

この登録するときのメールは専用のメールアドレスを使うといいです。メルマガに登録するとネットショップから大量のメールが届くようになります。

普段使ってるメールアドレスと分けておかないと収拾がつかなくなります。

Gmailの登録はこちらの記事を参考にしてください。

Gmailの登録方法

 

セール情報が届いたらひたすら検索します。アウトレット品の時と同様に全件検索してください。

最初はこのような地道な作業が必要です。検索スキルを上げるために、手を抜かないでください。

セール品はアウトレット品と違って新品を安売りしていることが多いので商品状態をそれほど気にする必要がありません。

ただ、セール品も在庫がたくさんあるようだと競合者が増えて価格が下がることがありますので、狙い目は在庫数の少ない商品です。

セール開始直後に残り5点とか、そんな商品を見つけられるとラッキーですね。数をこなしていけばそんな機会に巡り会えるようになります。



 

ヤフオク攻略法

 

ヤフオクの最大の魅力は市場規模の大きさと、ネットショップと違い一般の個人が出品しているという点です。

ネットショップは市場価格をある程度理解していますので、それほど極端に安い値段には、なりにくいです。だいたい利益率でいうと20%ぐらいです。

一方ヤフオクは出品者が個人のため、市場価格を無視して出品することがあります。予想以上に安く商品が手に入ったりします。

なにせ、スタート1円ですから。

人気商品はさすがに、落札時に値段が上がってしまいますが、ちょっと売れ筋を外した商品なら市場価格の10分の1ぐらいで買えることもあります。

電脳せどりの世界ではヤフオクは欠かせません。攻略法もたくさんあります。

ですが、最初はネットショップとヤフオクの比率を8対2ぐらいにしてください。ヤフオクはネットショップに比べ、検索や出品者とのやり取りに手間がかかります。

時間の限られたサラリーマンは、まずネットショップの攻略法を身につけ、ある程度仕入れられるようになったらヤフオクの比率を上げていってください。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」です。

実際私は電脳コンサルをやりコンサル生を見てきましたが、ほとんどの人はヤフオクまで手が回りません。「1日50件ヤフオクで入札してください。」と言ったこともありますが、できない人がほとんどでした。

平日に何時間も時間が取れるわけではないので、ネットショップとヤフオクの2つ同時は厳しいでしょう。100%できることを確実にやる、これが大事です。

一点集中、まず結果の出やすいネットショップの攻略法を身につけ次にヤフオクに進む。これがサラリーマンの副業で一番堅実な方法だと思います。

なので、最初はヤフオクをネットショップの補完的な感じで利用していきます。

ネットショップで利益の取れる商品を見つけた。しかし在庫切れになっていた。ではヤフオクで買えないかリサーチしてみよう。

こんな感じです。

また、ショップで見つけた生産完了品などもヤフオクでリサーチします。ショップで手に入りづらい商品もヤフオクで出品されていることがあります。

ヤフオクを開いて、型番号や名前でリサーチしていきます。対象商品がヒットしたら入札予約します。ヤフオクのこの辺の詳しい使い方は、また別の記事でご説明します。

今回は電脳せどりの仕入の大枠の部分を解説しました。ネットショップとヤフオク、両者をうまく使って仕入れを行ってください。

このブログのランキングは今何位?

ttt

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)