プレゼントを受け取るメールアドレスを入力してください。

メールアドレス




ウサギとカメ


もっし
♪ もし
カメよぉ ♪
♫ カメさんよぉ〜 ♪

今日はうさぎとカメの話をしたいと思います。

聞かなくても分かってる?? いえいえ、あなたの知ってるうさぎとカメとはちょっと違います。現代版「うさぎとカメ」です。

それでは、はじまりはじまり。

むかぁし むかし あるとことに うさぎとカメが住んでいました。

animalface_usagi

「もしもし、カメさん、君はどうしてそんなに歩くのが遅いんだい? 世界で一番ノロマだね」

turtle-297662_640

「なんだって、うさぎさん。そこまで言うなら君と競争しようじゃないか。向こうに山が見えるだろう。あのふもとまで競争だ」

「ああ、いいとも」

 

「それじゃあ うさぎさん、明日の朝、ここからスタートだ。僕は今から森の仲間たちに伝えてくる。みんなにゴールでどちらが先に着くか見ててもらおうよ」

「おもしろい。上等だ。」

翌朝、うさぎはスタート地点に来ました。

「ふん、カメのやつ、僕が途中で昼寝でもすると思っていたら、大間違いだぞ。絶対に休むものか」 うさぎは自信満々でした。

ところが、カメはいつまでたってもやってきません。 「あいつ何やってるんだ?」 うさぎは言いました。

そして、とうとう、お昼近くになってしまいました。

「カメのやつ、もしかして家からここに来るまで、時間がかかっているのか? もう待てない! ゴールには森の仲間が待っているんだ!」

うさぎは一人でスタートしました。脇目も振らずに一直線で走ります。

そして、猛烈な勢いで走り抜け一気にゴールしました。

Fotolia_82893637_XS

ところが、ゴールには誰もいません。 出迎えてくれるはずの森の仲間たちが、誰一人いないのです。

うさぎは疑問に思いました。 「あれ? おかしいな。みんな、どこに行ったんだろう?」

うさぎが不思議に思っていると、知り合いのロバが近くを通りかかりました。

うさぎはロバに声をかけます。 「ねえ、ロバくん、今日のレースのこと知らないかい? ほら、僕とカメが競争するっていうやつさ」とうさぎが訊くと、animal_roba

 

「ああ、そのレースなら、とっくに終わって、みんな家に帰ったよ。カメくんの勝利さ」 と、ロバは答えました。

 

 

 

 

 

「えっ!! ど、どういうこと? 僕は途中でなまけて昼寝なんてしていないし、あのノロマのカメに抜かれるはすはないよ!」 うさぎは聞きました。

 

usagitokame のコピー 2

「なに言っているんだ、うさぎくん。カメくんはね、今日の明け方にスタート地点に行って、君よりずっと早くスタートしたのさ、そしてとっくにゴールしたよ」

「なんだって? 」うさぎは、驚きました。 「ずるいよ。そんなの不公平じゃないか!」 すると、ロバは言いました。

「君、なんにも分かっていないね。世の中っていうものは、不公平にできててるんだよ。」

「生まれつき背の高い人もいれば、低い人もいる。容姿端麗の人もいれば、そうでない人もいる。お金持ちの家に生まれてきて、何不自由なく暮らす人もいれば、貧乏な家に生まれて、お金に困ってる人もいる。」

「そう、世の中は不公平なんだよ。カメくんはそのことをちゃんと理解していた。」

「世の中で唯一平等なものが時間だということもね。君とカメくんの24時間も同じように過ぎていく。その時間を利用してカメくんは、君を打ち負かしたんだ。君の完敗だよ!」 うさぎは、愕然としました。

確かに自分は「時間」というものについて、何も考えたことはなかった。

ロバにさとされ、うさぎは、すごすごと山に帰りましたとさ。

めでたし、めでたし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現代版「うさぎとカメ」の話いかがでした?

世の中って不公平ですよね。でも不公平って嘆いていても何も変わりません。

カメさんのようにちょっと工夫するだけで結果は出せるのです。

例えば、

世界最速のランナーは100mを9秒台で走ります。そのランナーに勝つにはどうすればいいか?

marathon-1236351_640

簡単です。1分間早くスタートすればいい。

たった1分で、オリンピックのゴールドメダリストに勝てるのです。

あなたは賢いカメになりたいですか? それとも うさぎ?

 

 

 

このブログのランキングは今何位?

ttt

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)