プレゼントを受け取るメールアドレスを入力してください。

メールアドレス




ホームセンターの在庫処分で利益の出る商品を公開!!

メルマガの記事の一部をブログで公開します。

本日、配信したメルマガです。

ここから
⇩⇩
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仕入れ情報

こんにちは

本田です。

仕入情報を送ります。

(もしこのメルマガの解除が
うまくいかない場合は

このメールに返信してください。
私の方で解除をさせていただきます。)

それでは
本日の仕入れ情報です。

ホームセンターの在庫処分品です。
http://〇〇〇〇
(〇〇はメルマガで公開しています。)



(このショップは8000円以上の購入で送料無料になります。)

モノレートを見ると
グラフがよく振れています。
回転の良い商品ですね。

モノレート

最安値近辺にAmazonがいますが、
12月に20人いた出品者が、今は5人に減っています。

Amazonがいても
他の出品者も売れているということですね

FBA料金シュミレーターで計算すると
利益が508円。

利益率17%

この商品は大型品になりますので
出品にはAmazonの

配送無料サービスを利用すると良いですよ。

普通に出荷すると
送料で利益が消えてしまいます。

Amazonの FBA納品時配送料無料キャンペーンの
詳細はこちらをご覧ください。

Amazonの FBA納品時配送料無料キャンペーンがスタート

このキャンペーンがなければ
この商品はスルーしていたでしょうね。

まさに
Amazonさまさまです。

大型商品の仕入れチャンスが広がっています。

送料無料キャンペーンは
今年いっぱい続く予定です。

せっかくAmazon様が
大判振る舞いをしてくれているのだから
使わないともったいないです。

Amazonが
突然値段を下げてくる可能性もありますので
購入は自己責任でお願いしますね。

あと、
出品規制に関する記事も
つけておきますね

Amazonの出荷規制について

Amazonで家電製品に出品制限

それではまた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで

メルマガのご案内

本日配信したメルマガです。

電脳せどりで利益の出る商品はいくらでもあります。

いつもこんな感じで利益の出る商品をメルマガで紹介しています。

〇〇には実際の商品のURLやショップ名が
入っています。

メルマガ読者は
クリックするだけで

利益の出る商品を
購入できるようになっています

メルマガ読者だけの特典ですね!!

まだメルマガ未登録で
私も欲しい〜という場合は

ぜひ
ご登録ください。

メルマガの配信はランダムに行っています。

このブログのランキングは今何位?

2件のコメント

  • 植田

    本田さま

    こんばんわ。

    アマゾン販売初心者です。
    Amazonカテゴリー申請(食品、ドラックストア)について検索している時に、本田さんのブログに辿りつきました。
    ご記載されている通り、2016年8月以降、審査基準などに変更されている可能性もありますが、お分かりの範囲で下記、どうかご教示いただくことは可能でしょうか。
    (ケース作成は済ませました。)


    卸業者の選定につきまして;

    質問1: あまぞんで既に販売してされている商品の業者を探すことになりますでしょうか。(その場合、その業者のみが既にアマゾンで販売していることが多いように思うのですが、商品購入時に、アマゾンでの販売許可ももらうのでしょうか。)

    質問2: 「ウェブサイト持っているところを選んでください。」と仰られています。
    現行、「ウェブサイト取引は不可」とアマゾンに確認いたしましたが、ウェブサイト持っているところですとウェブサイト取引したとアマゾンに捉えられ問題になりませんでしょうか。

    以上、どうぞよろしくお願いいたします。

    ※問い合わせから何度もメッセージを送ろうとしましたが、すべてエラーになりました。勝手ながらこちらのフォームから問い合わせさせていただきます。

    • 10vai

      植田さん

      問い合わせからのメッセージがエラーになったとのことで
      申し訳ありませんでした。

      下記の通りご回答します。

      質問1: あまぞんで既に販売してされている商品の業者を探すことになりますでしょうか。

      以前Amazonに問い合わせたところ、必要ないとのことでした。

      ただ、自分で申請をするときにAmazonにある商品の方が商品を選びやすいです。

      質問2: 「ウェブサイト持っているところを選んでください。」と仰られています。

      これはAmazonが業者を確認するときに使うものです。申請の時の卸業者が実在するものか確認するために「ウェブサイト持っているところを選んでください」としています。

      「ウェブサイト取引は不可」とは無関係です。

      他に何か不明な点がありましたら、何なりとご連絡ください。

      もしよかったら無料のチャットワークグループにご参加ください。
      チャットワークの中でも質問ができますよ。

      https://www.chatwork.com/g/15uztv427q0cmt

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)